パソコン知識は必要なし!小学生から始められるプログラミング教室が気になる!

パソコン知識がない小学生でも、安心して通えるプログラミング教室「リタリコワンダー」とは? 無料でプログラミング体験ができるって知っていましたか?

 

最近よく耳にする「子供向けプログラミング教室」。

小学校、中学校、高校で順次必修化されるとはいえ、プログラミング教室に需要はあるのでしょうか。

プログラミング教室の中でも、とくに人気な「リタリコワンダー」は、5月まで東京と神奈川に13教室ありましたが、6・7月でさらに3教室増えて、16教室になりました。

しかも、全ての教室がフランチャイズではなく直営で運営しています。

すごい勢い!子供向けのプログラミング教室が人気だということが、よくわかりますね!

 

プログラミング必修化の目的は、「IT人材不足の改善」「論理的思考力、獲得」の2つ

 

2019年をピークに、IT人材の需要と供給のバランスは逆転し、年々人材不足は深刻になると言われています。

「論理的思考力」とは、物事を順序だてて考え、結論を導き出す力のことです。

ロジカルシンキングともよばれており、プログラミングを学ぶことで論理的思考力が高まると言われています。

なぜなら、パソコンは曖昧な記述やプログラミングでは動かないからです。

 

小学生の授業で、プログラミング導入開始まであと1年!

 

いよいよ来年から、小学生の必修授業にプログラミングが追加されます。

英語やプログラミングが必修になる、という話を聞くと、

「私が小学生の頃は、英語もプログラミングも勉強していなかったなぁ」

「早い時期から色んな勉強ができてうらやましい」

と思ってしまいます。

ですが、小学生が家庭にいる場合は、不安や心配に思う方も少なくはないでしょう。

どういう授業内容なのか、疑問があったときはどうしたらいいのか、不明点が多いという現状は否定できません。

プログラミングの必修化は、新しい教科の追加ではありません。

小学生のうちから、プログラミングに触れることを目的としているので、具体的な教科書や単元はなく、今ある授業の中にプログラミングを取り入れていきます。

 

プログラミングが初めてのこどもでも安心して学べる、リタリコワンダー!

 

「パソコンを、まったく使ったことがない!」

「キーボードの入力に慣れていないけれど、勉強できるかな」

という状態のこどもでも、リタリコワンダーなら安心してプログラミングを学べます。

プログラミングを勉強するといっても、最初からいきなりコードや仕組みの勉強はしません。

ソフトを使って、ブロックをくみ上げるようにして、プログラミングを作るところから始めます。

例えば、

・「→」のボタンを押したら、「3」秒間、キャラクターが「右」に進む

・「お」のボタンを押したら、「5」秒間、「おはよう」と表示される。「こ」のボタンを押したら、「5」秒間「こんにちは」と表示される

というように、組み立てます。

このように、ブロック(アイコン)を組み立てて、自分が思ったことを実行させるところからスタートします。これなら、パソコン未経験のこどもでも楽しく学べそうですよね。

「ブロックを組み立てて作る、プログラミング」に慣れたら、次は、指示をドラッグ&ドロップで編集するソフトを使います。

その操作をマスターして、プログラミングの仕組みを理解してから、一般的な言語を基礎から学んでいくのです。

学習するペースや、理解の進み具合は、個人で違います。

リタリコワンダーは、全員同時に授業を行うのではなく、個人で学習していくので、自分がやりたい速度で理解度を深めていけます。

 

無料体験で、気軽に「プログラミング体験」から、はじめてみませんか?

 

小学校でプログラミング授業がはじまるまで、あと1年です。

その前にプログラミングを体験してみるのは、こどもにとっても親にとってもいい経験になるのではないか、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA