2020年度開始の小学生のプログラミング授業 プログラミング導入の理由や気になる学習内容とは?

2020年度開始、小学生のプログラミング授業! プログラミング導入の理由や、学習内容を紹介!

小学生向けの必須授業に、プログラミングが導入されるまで、あとわずか

 

今までは、専門的な学校でしか勉強していなかったプログラミングが、義務教育、しかも、小学生向けに開始されます。

小学生のお子様がいる家庭では、不安や悩みを感じている人が多いようです。

「プログラミングの必要性がわからない」

「授業でわからないことがあっても、子供の質問に答えられない」

「今まで教えていなかった授業なのに、先生はちゃんと教えられるの?」

今回は、あと1年で開始される「小学生のプログラミング授業」について、解説します。

 

プログラミングが、必修授業に導入された理由①

 

小学生向けの授業に、プログラミング教育が導入されたのには、2つ大きな目的があります。

1つは、国内のIT人材不足を改善する目的です。

IT業界の平均収入は、他の業種に比べて多く、今後も需要が増えると言われています。

ですが、需要に対して供給が追い付いていないのが現状です。

2019年を境に、需要と供給が完全に逆転し、以降、人材不足は深刻になる一方。

近年では、生活の様々な場面でIT技術が使われています。

パソコンやスマートフォンだけではなく、家電の操作や店舗の予約サービス。ありとあらゆるものにITが関わっています。

日本国内だけでなく、世界的に、情報技術が日々進歩する現代において、IT業界の人材不足はとても深刻な問題です。

早い段階からITに触れることで、慢性的な人材不足を改善させるために、小学校の授業にプログラミングを導入しました。

 

プログラミングが、必修授業に導入された理由②

 

2つ目の理由は、「論理的思考」を養うためです。

論理的思考とは、ロジカルシンキングとも呼ばれています。物事を順序だてて理解し、順番にこなすことで、効率的に作業を進める考え方のことです。

プログラミングを勉強することで、この「論理的思考」が養われると言われています。

なぜなら、プログラミングは、あいまいな指示では動かないからです。

・自分が行いたい作業のために、順序だてて操作を考え、それを実行し、思った通りの作業をプログラミングに行わせる

・プログラミングが思ったように動かなかった時に、どこで問題が起きたのかを考え、それを改善する

プログラミングを学び、組み立て、実行する過程で、身に着ける「論理的思考」は、社会を生きる上でも重要なものです。

 

実際の授業では、何を勉強するの?

 

小学校で学ぶ実際の授業では、プログラミングを体験します。

教科として学ぶのではなく、今ある教科の授業にプログラミングを取り込みます。

算数の授業で、パソコンやタブレットを用いて、図形を描く。

国語の授業で、単語・接続詞を選択して、順番が正しい文章を組み立てる。

このように、直接的なプログラミングコードの勉強ではなく、プログラミングを使った経験を、授業に取り入れていきます。

 

子供がプログラミングに、疑問や興味を持ったらどうする?

 

小学生の子供が授業を受けて、疑問や興味を持ったら、どうしますか?

他の教科とは違い、プログラミングの授業は「教科」として扱われないので、決まった教科書がありません。

学校ごとに違う授業内容なので、疑問に答えるのは難しくなるのではないかと思います。

また、プログラミングに触れた子供がITの分野に興味をもったら、その「興味」をどう伸ばしたらいいのでしょうか?

 

授業の悩み対策も、もっとプログラミングを知りたいときも・・・「子供向けのプログラミング教室」リタリコワンダー

 

小学生から高校生の子供達にプログラミングを教えている、「リタリコワンダーをご存知ですか?」

リタリコワンダーは、首都圏で運営されている、人気のパソコン教室です。

パソコンを触ったことがない初心者の子向けのコースから、自分でゲームやロボットを作ることができるようになるコースまで。全部で4種類のコースを用意しています。

全てのコースで無料体験会を実施しており、1人での参加も、複数人での参加も可能です。

まだプログラミングに触れたことがない、という場合でも全てのコースを1回ずつ体験することができます。

「体験してみないとわからない」ので、プログラミング授業が始まって混雑をする前に、リタリコワンダーでの無料授業を体験してみると、いいかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA