小学生の必修授業にプログラミング導入開始。どういう内容の勉強をするの?先生はちゃんと教えられるの?

小学生の必修授業にプログラミング導入開始。どういう内容の勉強をするの?先生はちゃんと教えられるの?

 

2020年から、小学生の必修で、プログラミング授業が開始されます。

今まで学んでいなかったことを新しく始めるとなると、学校側だけでなく、小学生の子どもがいる家庭でも、心配や不安を感じているのではないでしょうか?

 

小学生に、プログラミングの勉強が理解できるの?

 

プログラミングというと、技術職のイメージが強いので、

「小学生が勉強して、本当に理解できるの?」

「授業でわからないことを質問されても、専門的な知識がないから答えられない・・・」

という不安の声が多いようです。

小学生のプログラミング授業は、「プログラミングの体験」と「論理的思考の取得」を目的にしています。

プログラミングのコードをかけるようになったり、自分でプログラミングを組み立てたりするという内容は、今のところ予定されていません。

パソコンやタブレットといったIT端末を各小学校に設置し、端末や専用のソフトを扱いながら、体験をする授業がメインになります。

プログラミングという新しい教科ができるのではなく、プログラミングを通して、「論理的思考」を授業に取り入れていくのです。

小学生でも使えるようなソフトを使いながら、操作をするので、パソコンに慣れていない子どもでも、授業の中で少しずつ慣れていけます。

 

プログラミング授業の内容は?

 

先ほど少し話をした通り、プログラミング導入は、教科としてではなく「プログラミングの体験」と「論理的思考の取得」を目的として、取り入れられます。

なので、現在の時点では、決まった授業やカリキュラム、単位数はありません。

それぞれの学校、先生によって、授業の内容が決まります。

小学校側も、どういうソフトを使ったらいいのか、どう授業を行えばプログラミングを体験できるのか。試行錯誤しながらの、スタートになりそうです。

 

学校の授業でわからないことがあったとき、質問に答えられますか?

 

小学生向けの勉強とはいえ、今まで勉強してこなかった内容が授業に追加されます。

もしも、授業でわからないことがあって、その内容を質問されたとき。

ちゃんと正しい内容を、小学生が理解できるように説明できますか?

 

小学生のうちから、プログラミングを身に着けるなら「リタリコワンダー」

 

まだまだ小学校側も手探りの状態ですが、2020年にはプログラミングの授業が開始されます。

日々IT化が進む現代、プログラミングの技術や論理的思考は、必ず役立つものです。

ですが、家庭で質問に答えたり、興味を持った内容を深堀したりするのには、限界があります。

学校の授業だけでは足りない、もっとプログラミングについて学びたいと思うのであれば、プログラミング教室に通うことをおすすめします。

 

「小学生向け」のプログラミング教室なら、安心して通えるし質問ができる!!

 

最近、小学生向けのプログラミング教室が増えています。

大人向けのプログラミング教室は、技術的な勉強からスタートしますが、子供向けのプログラミング教室は、遊びからのスタート。

自分でキャラクターを作って、ゲームを操作したり、ロボットを好きな方向に歩かせたりすることから、始めます。

遊びの中で、自分が興味を持てる内容について、仕組みを調べます。

仕組みを調べる中で、プログラミングを学ぶ経験を重ねます。

 

リタリコワンダーなら、小学生にわかりやすい指導内容とカリキュラム

 

リタリコワンダーは、首都圏で16教室を運営している、子供向けプログラミングスクールです。

幼稚園生から高校生までが通うプログラミングスクールですが、コース自体は4コースで、それぞれのコースに多数のカリキュラムが用意されています。

リタリコワンダーの指導は、カリキュラム重視ではなく、子供の自主性を重視しています。テキスト通りに進まなくても、問題はないし、1回の受講時間内に終わらなくても大丈夫です。

自主的に学習し、自分が調べたいことの仕組みや意味を知ることで、「主体性」と「論理的思考」をはぐくみます。

リタリコワンダーでは、ほぼ毎日、無料の体験会を行っています。

勧誘がしつこくなく、子供にとっても親にとっても、貴重な体験になるので、体験教室後のレビューは良い評価のものが多いです。

首都圏にお住まいの方は、プログラミング授業が始まって混み合う前に、一度体験授業を受けてみてはいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA