在宅ワーク初心者なら、まずは登録・月額利用料無料の【クラウドワークス】!

在宅ワーク初心者なら、まずは登録・月額利用料無料の【クラウドワークス】!

 

業界大手の中でも、特に会員数や案件が多い「クラウドワークス」。

案件自体の数が多く、初心者向けの仕事も多いので、在宅ワーク初心者であれば、最初に登録しておきたいサイトです。

 

在宅ワーク初心者でも、【クラウドワークス】を使って、本当に稼げるの?

 

クラウドワークスは、会員登録数が100万人を超える大手クラウドソーシングサービスです。

なので、初心者向けの簡単な案件から、専門知識や多くの文字数が必要な高額案件まで、多岐に渡って用意されています。

ロゴの作成やアプリの開発ができるのであれば、高額案件が狙えます!

クラウドワークスでは、デザインやプログラミングと言った特殊な技術がなくても、文章を作成するだけで稼ぐことができます。

登録をするだけで、クライアントと契約をしなくてもすぐに仕事が始められる、「タスク作業」と呼ばれる案件が多数あります。

アンケートや経験談など、書きやすい内容で、文字数も多くない案件なので、まずはそこから挑戦してみてはいかがですか?

 

登録や月額利用料は無料だけど、仕事を完了するとシステム手数料がかかる

 

クラウドワークスは、登録や月額利用料、案件を調べる分には一切費用がかかりません。

ですが、実際に仕事を完了させると、その金額によって「システム手数料」が必要になります。

このシステム手数料は、クラウドワークスの場合、仕事をする側の契約金額から支払われるので、注意しましょう。

金額は、契約金額によって5~20%です。

「10万円以下」の部分が20%、「10万円超・20万円以下」の部分が10%、「20万円超」の部分が5%、です。

 

出金ごとにかかる出金手数料、楽天銀行がおすすめ!

 

クラウドワークスでは、出金ごとに、振り込み手数料が発生します。

楽天銀行は100円(税込み)、他の銀行は500円(税込み)です。

しばらくクラウドワークスで働いてみて、継続して利用しようと思ったら、楽天銀行の口座を用意することをおすすめします。

初期設定の随時出金方式だと、月に2回振り込まれるので、月に手数料が200円かかるか1000円かかるかは、大きな違いになりますよね。

せっかく在宅でお仕事をするのであれば、働いた分はできるだけ自分がきちんと受け取るようにしましょう。

 

クラウドソーシングサービスでは珍しい、3営業日以内に出金できる【クイック出金】

 

「在宅ワーカーやフリーランスで働く人に、お金に対する安心感を提供する」として、クラウドワークスでは「クイック出金」というサービスを行っています。

クラウドワークスは、基本的に「随時出金方式」「50,000円以上出金方式」「キャリーオーバー方式」で支払いを行います。

「随時出金方式」では1,000円以上、「50,000円以上出金方式」では50,000円以上、それぞれの金額を超えると、15日・月末で締めて、約半月後に入金されます。

「キャリーオーバー方式」では、基本的に売上金が繰り越されます。

クイック出金は、上記の入金日前に、売上金を引き出せるサービスです。

出勤日が未確定状態の報酬に限りますが、急にお金が必要になったときにでもすぐに引き出せるので安心です。

在宅ワークを始めたばかりだと、「自分の仕事がお金になっている」感覚をなかなか感じづらいのではないでしょうか。

「必要になれば、いつでも出金できる」という安心感は、クラウドワークスならではだと思います。

クイック出金には、通常の振り込み手数料とは別に、3.5%がクイック出金手数料として発生します。

在宅ワークで仕事と収入に余裕が出たら、通常の出金方法に切り替えることをおすすめします。

大手ならでは案件数や、ワーカーに対する配慮が感じられる、クラウドワークス。登録だけなら費用はかからないので、在宅ワーカーは登録するようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA